ワーキングマザーは泣き<笑い エンジョイ!ワーキングマザー

〜現役ワーキングマザーやこれからワーキングマザーをめざす人に〜


ワーキングマザーは泣き<笑い エンジョイ!ワーキングマザー TOP | 管理人について | リンクについて
現役ワーキングマザー
お役立ち情報
ワーキングマザーのとにかくごはん!
ワーキングマザーのおそうじ!
ワーキングマザーのおせんたく!
ワーキングマザー両立のポイント
ワーキングマザードキッ!園から電話
ワーキングマザーの育児!
ワーキングマザーのおつきあい!
もうすぐワーキングマザー
お役立ち情報
知っておきたい制度・法律
出産までの会社での過ごし方
出産にまつわるお金あれこれ
産休・育休中はどう過ごす?
子供の預け先はどこにする?
保育園ってこんなところ
めざせワーキングマザー
お役立ち情報
働き方を選ぼう
ワーキングマザーへの道
再就職にあると有利なオススメ資格
ワーキングマザーのお役立ちリンク集
お料理関連
おそうじ・おせんたく関連
子育て関連
他のワーキングマザーのページ
その他お役立ち1
その他お役立ち2
その他お役立ち3

ワーキングマザーの働き方を選ぼう〜パート編〜

子育てでブランクがある方がワーキングマザーを目指しやすいのは、パートやアルバイト。子育てや家庭の事情などで限られた時間だけ働きたい方にはピッタリですね。


パートで働くというと、

  • 働く時間が短い(毎日数時間の勤務・決まった曜日のみ勤務など)
  • 働く期間が決まっている
  • お給料は時給制(800円〜1000円以上のものも)
が、まず浮かぶのではないでしょうか。しかし法律では「働く時間が短い」だけで、正社員とほぼ同じ権利が保障されており、有給休暇はもちろん、条件を満たせば育児休業も取れるのです。

育児ブランクから徐々にワーキングマザーを目指す方には、まずは実績作りとしてパートから始めてみることをオススメします。前職や資格も大事ですが、自分が重要だと思う条件(例えば時給・自宅からの距離等)で、優先順位をつけて職種を選んでもいいですね。 パートで働く 実際私の場合では、一人目の出産後の就職先は自宅近くの不動産会社でした。始めはパートとして雇用されたのですが、子供が熱を出した時でも病後児保育に預けて出勤した事やその他勤務実績が認められ、1年後に正社員になりました。

最初から大きな会社に就職を考えるより、最初は小さくてもある程度融通がきく職場を探して、ワーキングマザーを目指して積極的に頑張ってみて下さい。

「103万円の壁」「130万の壁」について

税法では、給料を得るための必要経費として認められる「給与所得控除」と最低限の生活を保障するため、ある一定以下の収入の人には税金を徴収しないという「基礎控除」があります。 現在、給与所得は65万円・基礎控除は38万円で、所得税に関してはこの合計額が103万円までであれば、税金がかからないというものです。住民税に関しては非課税限度額は35万円で、給与所得控除65万円の合計100万円以下なら非課税ですが、100万を超えると給与所得控除と基礎控除の合計98万円を引いた額に課税されます。

また130万円を超えて働いた場合、社会保険料や雇用保険料を支払うことになり、場合によっては会社から支給されている「家族手当」がストップされることもあるようなので(配偶者が勤務している会社によって異なります)、103万円を超えて働くのであれば150万円以上の収入を得ないと世帯としての収入が減ってしまうのです。

Copyright 2006-2007 (C) ワーキングマザーは泣き<笑い エンジョイ!ワーキングマザー All right reserved.