ワーキングマザーは泣き<笑い エンジョイ!ワーキングマザー

〜現役ワーキングマザーやこれからワーキングマザーをめざす人に〜


ワーキングマザーは泣き<笑い エンジョイ!ワーキングマザー TOP | 管理人について | リンクについて
現役ワーキングマザー
お役立ち情報
ワーキングマザーのとにかくごはん!
ワーキングマザーのおそうじ!
ワーキングマザーのおせんたく!
ワーキングマザー両立のポイント
ワーキングマザードキッ!園から電話
ワーキングマザーの育児!
ワーキングマザーのおつきあい!
もうすぐワーキングマザー
お役立ち情報
知っておきたい制度・法律
出産までの会社での過ごし方
出産にまつわるお金あれこれ
産休・育休中はどう過ごす?
子供の預け先はどこにする?
保育園ってこんなところ
めざせワーキングマザー
お役立ち情報
働き方を選ぼう
ワーキングマザーへの道
再就職にあると有利なオススメ資格
ワーキングマザーのお役立ちリンク集
お料理関連
おそうじ・おせんたく関連
子育て関連
他のワーキングマザーのページ
その他お役立ち1
その他お役立ち2
その他お役立ち3

ワーキングマザーの知っておきたい制度・法律〜出産後編〜

もうすぐワーキングマザーになるということを選択をしたプレワーキングマザーに、まず知っておいて欲しい法律や制度です。

労働基準法

■第67条 「生後満1年に達しない子を育てる女性は、1日2回各々少なくとも30分、育児のための時間を請求することができる。そして使用者は、育児時間中は、その女性を使用することはできない。」

これは正社員・パートを問わず、1歳未満の子供を育てている母親が請求できます。

育児・介護休業法

■法第5条第1項、第2項、則第5条第1項 「1歳に満たない子を養育する労働者は、その事業主に、休業開始予定日、終了予定日等必要事項を記載した育児休業申出書を提出することにより、育児休業をすることができる」
■法第6条第3項 「育児休業を取得することができるのは、原則として子が出生した日から子が1歳になるまでの間で労働者が申し出た期間であり、労働者は希望通りの日から休業するためには、原則として育児休業を開始しようとする日の1月前までに申し出ることが必要である。」
■法第10条 「事業主は、労働者が育児休業の申し出をし、又は育児休業をしたことを理由として、その労働者に対して解雇その他不利益な取り扱いをすることはできない。」

1歳未満の子供を育てている親(男女を問わず)は1人の子供につき原則1回請求できますが、「保育園に入所を希望しているが入所できない場合」には、子供が1歳6ヶ月に達するまで育児休業を延長することができます。

パートや派遣社員も、下記の条件を満たせば育児休業を取ることができます。

  • 同一の事業主に引き続き雇用された期間が1年以上であること
  • 子供が1歳に達する日を超えて引き続き雇用されることが見込まれること
■第23条第1項、則第34条第1項 「事業主は1歳に満たない子を養育する労働者で育児休業をしないものについて、勤務時間の短縮その他就業しつつ子を養育することを容易にするための措置を、1歳から3歳に達するまでの子を養育する労働者について育児休業に順ずる措置又は勤務時間の短縮等の措置を講じなければならない。」

この措置は一定期間育児休業を取得した後に職場に復帰した人にも適用されます。また1日6時間以上働くパート(週の労働時間が2日以下の人は対象外)も対象になります。

具体的には

  • 短時間勤務の制度を設けること
  • フレックスタイムの導入
  • 時差出勤を認めること
  • 残業をさせないこと
  • 託児施設を整備したり、子供を預けて働くために便宜を図ること
などです。

■第25条 「事業主は小学校就学前の子の看護のための休暇制度を導入するよう努めなければならない。」

2005年4月の法改正で、未就学児の子供がいる親は1年に5回まで有給の看護休暇が取れることになりました。会社が法改正を知らない場合もあるので、自分で調べて伝えてみてください。

Copyright 2006-2007 (C) ワーキングマザーは泣き<笑い エンジョイ!ワーキングマザー All right reserved.